(前回の講義)

https://masenji.com/contents/e6bd7d9b34c2


今回は「菩提を究尽するの修証なり。

公案現成、羅籠(らろう)未だ到らず」のところについて話します。

ここで菩提というのは、「悟り」という言葉を聞いたときわれわれが思い浮かべがちな特別な個人的体験のことではなく、生命が生命に成り切った状態、自己の生命の実物にすっかり落ち着いた姿のことです。

それは個人の意識的体験の内部にとどまるものではありません。

われわれが意識で覚知できるのはその状態全体のほんの一部でしかありません。

しかし、坐禅という行いそれ自体はそのままで、その全体は覚知されないままに、その状態を完全に実現し、実修実証しているのです。

そういう意味に読むためには、通常の読み下し方ではなく「究め尽くせる菩提の修証なり」と呼んだほうがいいでしょう。

ここで公案というのはいわゆるの古則公案、禅の師匠が弟子に与える理性では解けない禅的な問題のことではなく、私ではなく公の状態を守っていること、つまり絶対の真実を現成、すなわち現出完成していることです。

羅(鳥網)や籠(鳥かご)のように自由を妨げるあらゆる思いが発生しないということです。

それは、始めの方に出てきた「全体はるかに塵埃を出たり」という句と照合関係にあると思われます。

思いを追いかけ回している限りは身動きが取れなくなるのですが、坐禅は思いを手放しにしているのですから、羅籠ができる余地はないのです。

●今回の動画配信