(前回の講義)

https://masenji.com/contents/e8c6f930ff83

今回は『正法眼蔵 坐禅儀』の中の「作仏を図することなかれ。坐臥を脱落すべし」のところについて解説します。

「作仏」は「仏に作(な)る」ということで、「図する」は「図(はか)る」、意図する、「〜しようとする」という意味ですから、「図作仏」で「仏になろうと意図する」の意になります。

そう解するのが普通の読み方なのですが、この『正法眼蔵 坐禅儀』が終わったら読もうと思っている『正法眼蔵 坐禅箴』では、「図」を「図る」ではなく、何かを描いた絵という意味の「図(ず)」として読んで「作仏の図(仏が実現している図)」として論じています。

しかし、ここでは、そういうアクロバットのような意味ではなく、これから修行して仏になろうとすること、悟ろうとすること、という意味にとっていいでしょう。

そういう理想主義的な思いを持って坐禅をしてはいけないということです。

先を想像したらその分、今への取り組みがおろそかになるからです。

『普勧坐禅儀』では「莫図作仏」と書かれています。

これを「莫図の作仏」と読んでもいいかもしれません。

「莫図(図ることなく)」で坐るのが、そのまま「作仏」、成仏であるといことです。


「坐臥」というのは「行住坐臥」の省略で日常のさまざまな姿勢のことです。

「脱落すべし」というのは、坐禅はそういう日常生活の中の一つの姿勢といったようなものと理解してはいけないという意味です。

同じ坐ると言っても、意味合いが全く違うのです。

坐禅は生活のための姿勢ではないからです。

 

 

●今回の動画配信