(前回の講義)

https://masenji.com/contents/72477e466b34


今回お話しするのは原文では「大都不離当処兮、豈用修行之脚頭者乎」のところです。

曹洞宗の伝統ではこの文は「おおよそ当処を離れず、あに修行の脚頭をもちいる者ならんや」という具合に読みくだされています。

これまで読んだところを振り返ってみると、

原夫、

道本円通、争仮修証

宗乗自在、何費功夫

況乎、

全体迥出塵埃兮、孰信払拭之手段

大都不離当処兮、豈用修行之脚頭者乎

というふうに「原夫」、つまり普く勧められるべき坐禅の本源にさかのぼって推究したところで言えることはどういうことなのかをここまでで述べているのがわかります。

道本円通、宗乗自在という最も根本的な坐禅の二つの原則を見定めた上で、さらに「況乎(いかにいわんや)」、つまり、大事なポイントはまだあるよ、と転じて、全体迥出塵埃、大都不離当処という二つのポイントを提示しているわけです。

こういうよく考えられた構造をしているわけですから、伝統的な読み下しのように「大都」を「おおよそ」と読んでしまっては、その前の「全体」と相応しなくなってしまうので、ここは「大都(だいと)」と読んで「大都は当処を離れず」と理解すべきではないかと僕は思うのです。

大都というのは「全体」と対応していて、坐禅が天地いっぱいに開かれて坐っている、そのスケールの大きさを表す表現だと解釈できます。

こう見てくると、道本、宗乗、全体、大都は全て同じ坐禅のことを指していることになります。

「当処を離れず」というのは今ここの自己にすべてが揃っているからよそに探しにいく必要はないという意味です。

「修行の脚頭を用いる」というのは、あれこれとした小細工、計らいを弄することで、前の「払拭の手段」に対応した表現です。