(前回の講義)

https://masenji.com/contents/e9770f2fb05e


今回は「若し、此の意を得ば、龍の水を得るが如く、虎の山に靠(よ)るに似たり。」という箇所についてお話しします。

この文と、そのすぐ後にある「当に知るべし、正法自ずから現前し、昏散先(ま)ず撲落することを」では、坐禅が坐禅になるとこういうことが結果としておとずれますよということが述べられています。

『普勧坐禅儀』の前の方にあった、「自然に身心脱落して、本来の面目現前せん」という文と対応していると理解することができます。

ですから、坐禅の真意をこの身で体得することができたら、龍が水を得て生き生きとし、虎が山に帰って本来の威力を発揮するように、本来の面目がそこに瑞々しく立ち現れるというのが、今回の文の意味です。

本当の落ち着きどころを得るということの素晴らしさを龍と虎の例えで述べているわけです。

●今回の動画配信