永平寺から毎月発行されている時報『傘松(さんしょう)』の中にある一照さんの連載記事、『「只管打坐」雑考』に一口コメントをつけてお届けします。

----------------------------------------------------------

「さあ、じゃあ話はこれぐらいにしてこれから少しの時間坐禅しましょう。

 

からだを固定させてじっとしているというよりも楽に微細に動き続けているような感じでね。

 

動きの中に静止があるというようなあり方よ。

 

自分の中に緊張が生じたなと感じたら、止まって、それを手放して、また始める。

 

そうやって自分と環境の両方を静かに見つめ続けて...」しばらくそうやって坐っていると、メレディスさんが言った。

 

「そろそろこのレッスンも締めくくらなければいけない時間になったわね。じゃあ、最後に conscious constructive rest(CCR意識的・積極的休息)のレッスンをして終わりましょう。もうCCRのことは知っているでしょ。そう、アレクサンダー・テクニークの世界では『セミスパイン』とも呼ばれている姿勢のことなんだけど、わたしは或る考えに立ってこう呼んでいるの。はい、じゃあ、仰向けの姿勢になって。ゆっくり時間をかけて。急がないでいいから。どういうふうにCCRの姿勢に入るかがとても大事なの。忙しく、緊張して横になると、からだが収縮し、ねじれ、脊椎も短くなって、それをほぐすことだけで時間が終わったりするから。...はい、それでいいわ。あなたの頭の下にこの クッションを入れるわね。...これくらいでいいかしら。高すぎず、低すぎずになっているかな?...それじゃあ、わたしがあなたの腕や脚、頭を動かしていくから、抵抗したり自分から動いたり、そういっ たことは何もしないで動かされるままでリラックスしていてね。そうして、触られている場所にばかり集中しないで、自分のからだ全体で何が起きているかを感じていて...」

 

 

 

こう言いながら、メレディスさんはわたしの左脚を持ち上げて、股関節や膝関節をゆっくり丁寧に曲げて持ち、股関節のところでゆっくりと数回回してから足裏を床につけて膝を立てた状態で安定させた。

 

右脚にも同じことをした後、今度は左腕を取り上げてゆっくり肩甲骨を外に引き出すようにしながら数回回すように動かしてから床に置き、「肘から上は外側に廻旋していると思って。そして肘から下は、 内側に廻旋して...」と言いながら左の手の平をわたしのお腹のあたりにそっと置いた。

 

右腕にも同じようなことをした後、頭の方に来て坐り、両手でわたしの後頭部をほんの少し持ち上げ、軽く右、左と頭を転がした後、後頭部を少し引っ張るようにしながら再びわたしの頭をクッションの上に置きなおした。

 

このあいだ、わたしはなるべく脱力した状態を保ちながらなされるがままになっていた。

 

彼女の触れ方や動かし方はたいへん丁寧で安心して任せていられた。

 

わたしの四肢や首・頭が一番快適で楽に落ち着けるところ、収まりどころを、彼女自身が感じながら探してくれているような気がしていた。

 

 

 

これが終わった時、わたしの腕や脚、頭や首がのびのびと外に伸展し、胴体も上下に長く伸びたまま横たわっている自分を感じることができた。

 

腰や首の反りが緩んで、自分のからだの重さが床に向かってしっとりと浸み込んでいくようだった。

 

床からの確かなサポートを感じられた。

 

「どう?からだが静まっていくのが感じられるかしら?CCRは脊椎を最大限休息させる姿勢。一日に一、二回こうやって横になることは、消耗のプロセスをやめて回復のプロセスを始めることだから健康にはとてもいいことなのでお勧めよ。」「ほんとうならこれから、このCCRの姿勢で、からだをスキャンしたり、アレクサンダー・テクニークで重要な〈方向づけ〉を行ったりするんだけど、今日はもう時間がないからここまでにしておきましょう。はい、じゃあ起き上がって。さっき注意深く横になったようにCCRから起き上がるときもゆっくり注意深く...。そう、そんな感じでいいわ...。」 

 

 

 

この仰向け姿勢からなるべく力を使わずに楽に起き上がる稽古はわたしの坐禅会でもよくやっている。

 

まず、わたしがからだを横に転がしたいと思った左側に目をやり、それに導かれるようにして頭が左に回り、首、胴体がそれに続いて左側に回転し、右手を胴体に沿わせるようにして左側の床に持っていき、 さらに下半身が左に回り、横臥位になる。

 

右手で床を押すと上半身が少し持ち上がり、床との間に空間ができるのでさらに左手でも床を押すと、自然にお尻が浮き上がってはいはいの姿勢になる。

 

お尻を踵の方に近づけると正座の姿勢になる。

 

そこから頭がからだ全体を上へと導くように動いてひざまずいた姿勢になり、さらに頭が上に伸びあがるのに導かれて右脚を一歩踏み出して立ち上がる。

 

...こうして約一時間半にわたるメレディスさんの非常に内容の濃いレッスンが終了した。

 

この場を借りて彼女 に心から感謝したい。 

 

 

 

アレクサンダー・テクニークの醍醐味を文章で伝えることなど到底不可能である。

 

ただ、坐禅をするわれわれにとって役に立つと思われるリソース(情報資源)が、アレクサンダー・テクニークのように仏教の外にもあることを知ってもらいたくて拙いレポートを書かせていただいた。

 

これがきっかけとなって、実際にレッスンを受けてそれを坐禅に活かしてみようとする人が出てくることを願っている。

 

追記:インターネットのYoutube上には多くのアレクサンダー・テクニーク関係の動画がアップされているので関心のある方は参照されたい(AlexanderTechniqueで検索)。

 

レッスンに関するわたしの拙い描写を補ってくれるだろう。

 

CCRに関しては下記の動画が横たわり方、起き上がり方も映っている ので参考になるかも知れない。

 

https://www.youtube.com/watch?v=4IYxprxDol8


『傘松』、『「只管打坐」雑考』より一部抜粋