(前の記事)
【坐禅講義79】第四講:自すからなる調心

正身端坐ては意識と感覚によるタイナミックな調整か行なわれています。

坐骨の正しい位置にまっすく体重を落とそうという意識て骨盤をゆっくり動かすそれに伴ってからたや息やこころか自然に変わっていく様子を感覚を通してありのままに感しる感覚のフィートハックを受けなからさらに骨盤の微調整をするそれに伴う感覚の変化を感しる......、...